投資信託解約のススメ

投資信託で分配金生活?積立?手数料狙いの証券会社に騙されてはいけません!!もっと儲かる手段がありますよ!!

*

投資信託の買い時と売り時

投資信託」って聞くと、投資初心者向け、低リスクの投資が出来そう、あまり知識がなくても投資出来そう、などと思われたりするかもしれませんが、実際のところは投資経験者向けでリスクもあるし、ある程度の知識も必要って感じです。

投資信託で損失を負った人がたくさんいる事を知り、初心者向けでもなければ低リスクなわけでもなく、知識がなくて出来るものでもないなと私は思いましたが、では何で損をするのかって事ですよね。

損をするって事は、高値で掴んで下げたとこで売るって訳です。

では、なぜそうなってしまうのか?

それは「買い時売り時」が分からないって人が多いからではないでしょうか。

投資信託を買う時に最も気を付けたいのは基準価格が高い時に買う、つまり高値掴みをしない事です。

しかし、投資信託を買われる方は、今の価格が高値なのか、買い時の価格なのか分からないまま買ってしまうぐらい初心者が多いのでしょう。

景気が良くなって投資信託の宣伝が増え、「凄い上がってる!これは乗らないと!」と思ってしまう初心者の方が多いのではないかと思います。

良く調べもせず証券マンの営業トークに乗せられ基準価格が高いのか安いのかも分からないまま買ってしまう方が残念ながら多いのでしょう。

これまでの推移を見れるかどうか、何日も下がってきた時にさっさと売れるかどうかが大切で、残念ながら任せっきりで必ず利益が出るわけではありません。

投資信託は株のPERやPBRなど割安度が分かる指標がありません。

「シャープレシオ」で効率性を見たり「標準偏差」でリスクを見たり出来るかもですが、基準価格くらいでしか判断出来ず、その基準も運用成績次第だと思うと、買い時や売り時を見て投資したいなら投資信託より株の方が断然いいと思いますよね。

 ページトップへ