投資信託解約のススメ

投資信託で分配金生活?積立?手数料狙いの証券会社に騙されてはいけません!!もっと儲かる手段がありますよ!!

*

投資信託のリスク

投資信託を買おうと思われている人は、「素人の選択眼で株や債券を買うよりは、多少のコストを支払ってでもプロの運用に任せるほうが、リターンは少なくても確実なような気がする」って人が多いのではないかと思います。

しかし、まず大きな間違いなのは、投資信託を運用している人は、プロと言うか殆どの人がただのサラリーマンって感じです。

ある程度の知識はあるのかもしれませんが、本物のプロは海外の富裕層向けのヘッジファンドに存在しているって感じですかね。

前に日本経済新聞で、投資信託を買っている人の90%が損をしているみたいな記事を読んだことがありますが、本物のプロが運用していれば90%もの人が損をしたりしないのではないでしょうか。

銀行預金などと違い元本が保障されている訳ではなく、投資信託には投資リスクがあり、とりあえず投資をすれば必ず資産を増やしていけるという事ではありません。

少額から投資出来て、運用の専門家に任せる事が出来てって聞くと、何だかリスクが少なそう、少しずつでも資産を増やしていけそうって思うかもしれませんが、結局のところ、運用が上手くいかなければ利益を得る事が出来ず、投資額を下回れば損をする事もあります。

投資信託でいう「リスク」は値動きの変動の大きさ、基準価格が上がったり下がったりする「ブレの大きさ」の事を言いますが、「価格変動リスク」や「為替変動リスク」や「金利変動リスク」や「債務支払不能リスク」などがあり、結局のところ玉石混淆って感じですね。

理解出来るものを許容できる範囲でって感じならいいかもしれませんが、それなら自分で選んで買える株の方が余計な手数料を払わないで済んで断然いいですよね。

投資信託ファンド)って聞くと、「ちゃんとした会社の、ちゃんとした金融商品」みたいな印象を受けるかもしれませんが、調べれば調べるほど「証券会社や銀行がいかに上手く手数料を稼げるか考えた商品」って感じですね。

幻想に惑わされて右も左も分からぬまま投資信託を買う事のないよう、気を付けましょう。

 ページトップへ