投資信託解約のススメ

投資信託で分配金生活?積立?手数料狙いの証券会社に騙されてはいけません!!もっと儲かる手段がありますよ!!

*

投資信託の種類や仕組みについて

投資信託の仕組み
私は投資信託に関心を持ち種類仕組みについて色々と調べてみましたが、

アクティブ運用
アセットアロケーション
アセットバック証券
移管
委託会社
委託者
インカムゲイン
インデックス
インデックス運用
インデックスファンド
インフレーション
運営管理機関
運用の外部委託
運用報告書
エコファンド
エマージング市場
オプション取引
オルタナティブ投資
オープンエンド型
オープン型
会社型投資信託
価格変動リスク
確定拠出年金
為替ヘッジ
為替リスク
監査報酬
間接金融
カントリーリスク
外国籍投資信託
外国税額控除
外債
元本払戻金
企業型確定拠出年金
基準価額
キャピタルゲイン
拠出限度額
金銭信託
金融商品仲介業者
金融商品取引業協会
金融商品取引業者
金融商品取引所
金融商品取引法
金融商品販売法
金利変動リスク
議決権
クオンツ運用
口数
繰上償還
クローズドエンド型
クローズド期間
クーポン
グロースファンド
継続募集期間
契約型投資信託
契約締結前交付書面
源泉徴収制度
源泉分離課税
限定追加型投資信託
現物株バスケット
公社債
公社債投資信託
購入時手数料
国際機関債
個人型確定拠出年金
個別元本方式
コモディティ
混蔵保管
コールローン
ご当地ファンド
債券
債券の格付け
先物取引
差入委託証拠金
指値注文
仕組債
資産運用報告
資産管理機関
資産保管会社
システム運用
支払調書
支払通知書
社会的責任投資
シャープレシオ
収益調整金
収益分配金
償還
償還金
償還乗換優遇
証券総合口座
証券仲介業者
証券取引所
新興国
申告分離課税
信託期間
信託契約
信託財産
信託財産留保額
信託約款
時間分散
自主規制機関
実現損益
事務受託会社
受益権
受益者
受益証券
受託銀行
受託者
受託者責任
純資産総額
条件付運用型
上場投資信託
スイッチング
スタティックアロケーション型
スポット型
成功報酬制
政府機関債
政府保証債
絶対収益追求型
善管注意義務
総合課税
ソブリン債
損益通算
大量保有報告制度
単位型
ターゲットイヤー型
代用有価証券
地方債
忠実義務
長期金利
長期公社債投資信託
直接金融
追加型投資信託
追加信託差損益金
定時定型
定性評価
定量評価
適格機関投資家
適合性の原則
ディスクロージャー
デフォルト
デフォルトリスク
デフレーション
デリバティブ
電子交付
投資運用業者
投資者保護基金
投資証券
投資信託及び投資法人に関する法律
投資信託説明書
投資信託振替制度
投資法人債券
東証株価指数
当初募集期間
登録金融機関
特殊型
特別分配金
トップダウンアプローチ
トラッキングエラー
取引残高報告書
取引報告書
ドルコスト平均法
成行注文
日経300株価指数連動型上場投資信託
日経平均ノックイン債
ノーロード
ハイイールド債
派生商品
売買委託手数料
バランスファンド
バリューファンド
パッシブ運用
パフォーマンス
評価損益
標準偏差
ファミリーファンド
ファンドオブファンズ
ファンドマネージャー
ファンドラップ
普通分配金
不動産投資信託
振替制度
フルインベストメント
ブックビルディング方式
ブラインド方式
ブルベアファンド
ブルマーケット
分散投資
分配金再投資
分配準備積立金
分別管理
ヘッジ
変額年金保険
ベアマーケット
ベビーファンド
ベンチマーク
ペイオフ
保護預かり制度
簿価
ボトムアップアプローチ
ボラティリティ
ポータビリティー
ポートフォリオ
マザーファンド
マネープールファンド
マル優
マーケットニュートラル
ミューチュアルファンド
申込単位
有価証券届出書
有価証券報告書
ユニット型
ライフサイクルファンド
ライフプラン
ラップ口座
利害関係人
リンク債
累積投資
レコードキーピング
連動率
レーティング
ロングショート型
BRICs
CD
CP
ETF
J-REIT
MMF
MRF
SRIファンド

まず用語の意味などから勉強しなくてはいけなかったりで、わざとややこしい感じにしてるんじゃないのか?と凄くイライラしました(笑)

運用のプロに任せるだけならあまり勉強しなくてもいいのかなと思ってましたが、結局のところ勉強しないと「どれがいいんだ!」「良く分からないぞ!」って事になるので、損をしない為には知識を身に付ける必要があります。

何だ、

どうせ勉強するなら、

勉強して手数料取られるぐらいなら、

自分で勉強して株やった方がいいじゃん!って感じですよね。

 ページトップへ