投資信託解約のススメ

投資信託で分配金生活?積立?手数料狙いの証券会社に騙されてはいけません!!もっと儲かる手段がありますよ!!

*

投資信託解約のススメ TOP

投資信託って気になってるけど実際どうなの?って人、何気に多いんじゃないでしょうか。

私はコツコツ積立てて分配金生活とか良さそうだなと思い、色々と調べてみたクチなんですが、調べてると、

投資信託って何でこんなにたくさん種類があるんだ?
・しかもポートフォリオの中身は殆ど同じ感じじゃない?
・もしかして証券会社って手数料で稼ぐ事しか考えてない?

という印象を受けました。

私は最終的に、「投資信託より株の方がいいじゃん」ってところに行き着いたわけですが、「投資信託」に関して分かりやすく書かれているブログが少ないなと思ったので、当サイト「投資信託解約のススメ」を作る事にしました。

投資信託に関心を持たれた方や手持ちの資金を上手く増やす方法を探されている方などに読んでみて貰えたらと思います。

そもそも投資信託とは?

投資信託に関して何も分からなければ始まる話も始まらないと思うので、「そもそも投資信託とは?」から書かせてもらいますが、投資信託ファンド)というのは、投資信託協会のホームページで「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」と書かれています。

投資信託とは
つまり簡単に言うと、

購入してくれたら代わりに運用するよ~
利益に応じて分配金が出るよ~
運用の専門家に任せて~

って感じですかね。

投資信託(ファンド)は金融商品と考えると分かりやすいのではないでしょうか。

それで、この投資信託(ファンド)という名の金融商品を作り運用の指図をする機関「投資信託運用会社」と、販売を行う「販売会社」があるわけですが、

「販売会社」は主に証券会社、銀行、郵便局などで、

「運用会社」は、

・野村アセットマネジメント株式会社
・三菱UFJ投信株式会社
・大和証券投資信託委託株式会社
・日興アセットマネジメント株式会社
・三井住友アセットマネジメント

など、まだまだありますが、証券会社などが運用会社を作っているという感じですね。

それで何でこの多くの会社は「投資信託(ファンド)」という金融商品を販売するのか、って事です。

投資信託(ファンド)を販売して証券会社や銀行が得ているものは?

そうです手数料です。

運用会社、販売会社からすれば「顧客の資産形成をサポートする」「定年後の生活へ向けた資産形成をサポートする」「貯蓄から投資へ」みたいなテイかと思いますが、

良く考えてみて下さい。

手数料商売なのに定年後の生活とかをしっかり考えてくれると思いますか?

販売してしまえば後はどうなっても関係ないっていうのが手数料商売の世界だと思いませんか?

元本保証もなく、運用会社が失敗して損失を出そうとも、手数料だけは持っていかれる、それなら自分で株やった方がマシなんじゃ?って感じですね。

投資信託を買うなら実際こういう投資顧問会社が配信する銘柄情報などを見て株取引を自分で行った方が本当にマシだと思います。

 

投資信託の種類や仕組みについて

投資信託の仕組み
私は投資信託に関心を持ち種類仕組みについて色々と調べてみましたが、

・株式投資信託
・公社債投資信託
・単位型
・追加型
・国内
・海外
・内外
・為替ヘッジの有無
・分配(決算頻度)
・国内投資信託
・外国投資信託
・上場投資信託(ETF)
・上場投資証券(ETN)
・不動産投信(J-REIT)
・MRF(マネー・リザーブ・ファンド)
・MMF(マネー・マネジメント・ファンド)
・CP(コマーシャルペーパー)
・CD(譲渡性預金)
・ブルベアファンド
・REITファンド
・コモディティファンド
・インデックス運用
・アクティブ運用
・トップダウン
・ボトムアップ
・グロース型
・バリュー型
・価格変動リスク
・金利変動リスク
・為替変動リスク
・債務支払不能リスク
・ベンチマーク

まず用語の意味などから勉強しなくてはいけなかったりで、わざとややこしい感じにしてるんじゃないのか?と凄くイライラしました(笑)

運用のプロに任せるだけならあまり勉強しなくてもいいのかなと思ってましたが、結局のところ勉強しないと「どれがいいんだ!」「良く分からないぞ!」って事になるので、損をしない為には知識を身に付ける必要があります。

何だ、

どうせ勉強するなら、

勉強して手数料取られるぐらいなら、

自分で勉強して株やった方がいいじゃん!って感じですよね。

初心者向けの投資信託は?

投資信託を始めようとする初心者の方は、たぶんネットで「投資信託 初心者 おすすめ」「投資信託 おすすめ 2015」などで検索したりするかと思いますが、例えば検索してみて

・eMAXIS全世界株式インデックス
・eMAXISバランス(8資産均等型)
・SBI資産設計オープン(資産成長型)愛称:スゴ6
・楽天グローバル・バランス(成長型)愛称:豊饒の木
・SMTグローバル株式インデックスオープン
・外国株式インデックスe
・eMAXIS 先進国株式インデックス
・SMTAMダウ・ジョーンズインデックスファンド
・SMT 新興国株式インデックスオープン
・年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
・eMAXIS 新興国株式インデックス
・ニッセイ日経225インデックスファンド
・eMAXIS 日経225インデックス
・SMT TOPIXインデックスオープン
・日本株式インデックスe
・eMAXIS TOPIXインデックス
・SMTグローバル債券インデックスオープン
・世界国債インデックスファンド(年1回決算型)
・eMAXIS 先進国債券インデックス
・外国債券インデックスe
・SMT 新興国債券インデックス・オープン
・年金積立インデックスファンド 海外新興国(エマージング)債券
・SMT グローバルREITインデックス

などがおすすめですと出てきたとして、

[投資対象]や[基準価格]や[純資産額]や[分配金]や[販売手数料]や[信託報酬]や[トータルリターン1年]や[トータルリターン3年]や[トータルリターン5年]などを見て、どの投資信託が良さそうだと判断出来そうですか?

騰落率で見るとこっちの方が良さそうなのに、何でこっちの方がランキング上位なんだろ?何でこっちの方がおすすめなんだろ?でもおすすめされてるしこれを買えばいいのかな?って感じになってくると思います。

おすすめされている商品は、結局のところ、販売手数料が高かったり、ノーロード(販売手数料ゼロ)なら運用管理手数料(=信託報酬)が高かったりと、売り手にとっておすすめの商品だったりするので注意しましょう。

私は投資信託と株と、どちらも勉強しましたが、投資信託の方が仕組みを理解しにくく、難しいと感じました。

投資信託初心者向け」というイメージがありましたが、今では凄く経験者向けだなと思っています。

わけが分からないまま投資信託を買うぐらいなら、業績や事業内容や投資顧問会社の配信情報などを見て、どんな会社か分かった上で変える株の方が本当にいいと思います。

投資信託の分配金・利回りは見せかけ?

投資信託を買いたいと思われる方は、高い分配金利回りに魅力を感じている方が多いのではないでしょうか。

しかし、投資信託はただ分配金利回りの高さに注目して選べば良いという訳ではありません。

私は色々と勉強してみて、投資信託にはプロが仕掛けた巧妙な罠がたくさん隠されているなという印象を受けました。

銀行に預けているよりは良さそうだなとか、分配金生活とか良さそうだなとか、何も知らずに甘い考えでいると、得するどころか損をする事になりかねないので気を付けましょう。

毎月分配金があって利回り10%以上?何それ銀行に預けてるのアホらしいじゃん!投資信託にしよう!なんて単純に思ってしまってはいけません。

利回りが高いって事は、それだけリスクも高いって事ですし、利回りは上昇した場合と下落した場合とで違ってきます。

投資家を引き付ける為に分配金を高く見せていると考え注意する必要があります。

受け取った分配金以上に基準価格が下がり、結果的に損をしてしまったのでは、分配金がいくら高くても意味がないですからね。

ちなみに、上昇した場合の利回り計算式は[1年間の合計分配金]÷[1年前の基準価格]ですが、下落した場合の利回り計算式は([1年間の合計分配金]-[基準価格の下落分])÷[1年前の基準価格]となります。

さすがに利回りがマイナスなんてことはそうないと思いますが、利回りの計算式や正しい見方が良く分からない人はプロが仕掛けた巧妙な罠に嵌り易いんじゃないかなと思うので、手数料商売の投資信託とかやめておいた方がいいと思います。

投資信託はぶっちゃけ玉石混淆なので、「分配の健全率」や「分配可能月数」など、他にも色々ありますが、良し悪しを見極められる知識がないなら手を出さない方がいいと思います。

投資信託で積立生活?

投資信託積立

毎月1万円を投資信託積立たとしたら、

年利7%の場合30年で1,212万円!?

元本総額360万円で運用益が852万円!?

年利6%の場合でも1,004万円!?

運用益が644万円!?

なんて、甘い考えで投資信託を買おうと思われる方、買われた方、何気に結構いるのではないでしょうか。

積立生活を始める前に知っておいた方がいいと思うのは、そもそも、値動きが右肩上がりを想定するなら、積立より一括投資の方が収益性が高いので、長期積立より一括投資の方が効率的と言えます。

ゼロ金利、預貯金との比較ならば効率的と言えるかもしれませんが、下落局面だとゼロ金利の方が積立投資よりマシということになります。

積立の効率性 上昇局面 下落局面
一括投資と比べ 非効率 効率的
ゼロ金利と比べ 効率的 非効率

一括投資したくても、まとまったお金がない、毎月1万円ぐらいなら、って人は積立もいいかもしれませんが、下がる可能性、下がっても損失に加え手数料も取られるって事を頭に入れた上で、積立を始めるかどうか考えるようにしましょう。

積立投資って小額から始めれて、毎月1万円ぐらいの積立でも10年、20年、30年後にはまとまったお金になってくるんでしょ?ってとこに魅力を感じてる人が多いのではって気がしますが、投資信託は販売手数料信託報酬解約手数料など、何かと煩わしいコストがかかってきたりします。

低位株ボロ株なら数千円から買えますし、小額投資から始めたいからと言って積立投資を始める必要はありません。

結局のところ、お金を放置して増やしたい!って言うのが都合良すぎるんですよね。

個人的には自分の保有資金内で買えそうな株をチェックして買えるようになった方が楽しいし、何だかんだで一番リスクが低く一番資金を増やしていけるのではないかと思います。

投資信託のリスク

投資信託を買おうと思われている人は、「素人の選択眼で株や債券を買うよりは、多少のコストを支払ってでもプロの運用に任せるほうが、リターンは少なくても確実なような気がする」って人が多いのではないかと思います。

しかし、まず大きな間違いなのは、投資信託を運用している人は、プロと言うか殆どの人がただのサラリーマンって感じです。

ある程度の知識はあるのかもしれませんが、本物のプロは海外の富裕層向けのヘッジファンドに存在しているって感じですかね。

前に日本経済新聞で、投資信託を買っている人の90%が損をしているみたいな記事を読んだことがありますが、本物のプロが運用していれば90%もの人が損をしたりしないのではないでしょうか。

銀行預金などと違い元本が保障されている訳ではなく、投資信託には投資リスクがあり、とりあえず投資をすれば必ず資産を増やしていけるという事ではありません。

少額から投資出来て、運用の専門家に任せる事が出来てって聞くと、何だかリスクが少なそう、少しずつでも資産を増やしていけそうって思うかもしれませんが、結局のところ、運用が上手くいかなければ利益を得る事が出来ず、投資額を下回れば損をする事もあります。

投資信託でいう「リスク」は値動きの変動の大きさ、基準価格が上がったり下がったりする「ブレの大きさ」の事を言いますが、「価格変動リスク」や「為替変動リスク」や「金利変動リスク」や「債務支払不能リスク」などがあり、結局のところ玉石混淆って感じですね。

理解出来るものを許容できる範囲でって感じならいいかもしれませんが、それなら自分で選んで買える株の方が余計な手数料を払わないで済んで断然いいですよね。

投資信託ファンド)って聞くと、「ちゃんとした会社の、ちゃんとした金融商品」みたいな印象を受けるかもしれませんが、調べれば調べるほど「証券会社や銀行がいかに上手く手数料を稼げるか考えた商品」って感じですね。

幻想に惑わされて右も左も分からぬまま投資信託を買う事のないよう、気を付けましょう。

投資信託のメリット・デメリット

色々と書いてきましたが、投資信託メリットって結局のところ何でしょうね?

運用の専門家に任せれるかと思ったら、ただ運用方針に基づいてサラリーマンが運用しているだけって感じですし、少額から投資出来るとこがメリットかと言われたら、低位株ボロ株なら数千円から投資出来る訳ですし。

別に元本保証がある訳でもなければ下がったら損失も出る訳ですし。

素人が簡単に購入できない物件に投資するものとか、為替ヘッジ付きやブルベア投信などもあり、投資信託の良し悪しを見極めれる人なら投資信託を買うメリットもあるかもしれませんが、正直なとこ個別株の方が分かりやすく投資メリットを見出しやすいと思います。

デメリットはホントもうコストが高いって事ですかね。運用の専門家に任せるから少しぐらいのコストは仕方ないって思われるかもしれませんが、実際に運用の専門家が運用してるかどうかなんて分かりませんからね。

下がったら時は手数料を払わなくていいとかなら、まださすがプロって感じですが、下がってるのに手数料を取られると、下がってるのに何が手数料だよって感じですよね。

投資信託のコストには販売手数料信託報酬解約手数料の3つがありますが、買った時だけでなく解約時にも手数料が必要って…。

笑っちゃいますよね。

下がったから解約したい。

解約手数料が必要です。

これはちょっとイラっとしますね。

販売手数料が掛からない「ノーロード」と言う投資信託もありますが、そんなの始めからゼロ円で販売しろよって感じですね。

運用の専門家に任せて下げた日には、それはもうストレス半端ないと思うので、投資信託などではなく、投資顧問会社が配信する銘柄情報などを見て個別株を自分で取引する事を私は心の底からオススメします。

投資信託の買い時と売り時

投資信託」って聞くと、投資初心者向け、低リスクの投資が出来そう、あまり知識がなくても投資出来そう、などと思われたりするかもしれませんが、実際のところは投資経験者向けでリスクもあるし、ある程度の知識も必要って感じです。

投資信託で損失を負った人がたくさんいる事を知り、初心者向けでもなければ低リスクなわけでもなく、知識がなくて出来るものでもないなと私は思いましたが、では何で損をするのかって事ですよね。

損をするって事は、高値で掴んで下げたとこで売るって訳です。

では、なぜそうなってしまうのか?

それは「買い時売り時」が分からないって人が多いからではないでしょうか。

投資信託を買う時に最も気を付けたいのは基準価格が高い時に買う、つまり高値掴みをしない事です。

しかし、投資信託を買われる方は、今の価格が高値なのか、買い時の価格なのか分からないまま買ってしまうぐらい初心者が多いのでしょう。

景気が良くなって投資信託の宣伝が増え、「凄い上がってる!これは乗らないと!」と思ってしまう初心者の方が多いのではないかと思います。

良く調べもせず証券マンの営業トークに乗せられ基準価格が高いのか安いのかも分からないまま買ってしまう方が残念ながら多いのでしょう。

これまでの推移を見れるかどうか、何日も下がってきた時にさっさと売れるかどうかが大切で、残念ながら任せっきりで必ず利益が出るわけではありません。

投資信託は株のPERやPBRなど割安度が分かる指標がありません。

「シャープレシオ」で効率性を見たり「標準偏差」でリスクを見たり出来るかもですが、基準価格くらいでしか判断出来ず、その基準も運用成績次第だと思うと、買い時や売り時を見て投資したいなら投資信託より株の方が断然いいと思いますよね。

投資信託の選び方

ここまで投資信託に騙されるな、あんなものはクソだ、投資信託を買うぐらいなら投資顧問会社が配信する銘柄情報などを見て株を自分でやった方がマシだみたいな記事を書いてきましたが、それでも投資信託を買いたい、投資信託選び方やポイントがあったら教えて欲しいって人もいるでしょう。

投資信託の賢い選び方みたいなポイントを私は色々と調べてみましたが、

・毎年、純資産残高を伸ばしているファンド
・純資産残高が最低でも30億円あるファンド
・国際指数に連動したインデックスファンド
手数料無料でお金を引き落とせるファンド
・満期なしで、長期投資を見据えたファンド
・買付手数料が無料の、ノーロードファンド
・信託財産留保額が0.5%以下のファンド
信託報酬が年率1%以下と、低いファンド
信託報酬が数年毎に下がっているファンド
分配金なし自動で再投資にまわすファンド

上記のような選び方のポイントを見て皆さんはどう思うものでしょうか?

何で純資産残高が高い方がいいの?
何で最低でも30億あった方がいいの?
国際指数?
インデックスファンドって何?
満期があるのとかあるの?
ノーロードファンド
信託財産留保額?
信託報酬
信託報酬って下がったりするの?
分配金はない方がいいの何で?

みたいな感じで分からない事だらけだったりしないでしょうか?

純資産額を伸ばしてるって事は人気があって投資家のお金が集まっていて、繰上げ償還のリスクが格段に減るって感じすが、えっ?繰上げ償還のリスク?って何?ってなったり…

私は正直に言って「ややこしい」「投資信託初心者向けとか嘘だな」「何だ結局のとこ勉強しないといけないのか」「手数料が気になるな」って思いました。

株と投資信託なら、株の方が圧倒的にシンプルで分かりやすいんじゃないでしょうか。

株は投資顧問会社が配信する銘柄情報などを見て上がりそうな銘柄を買えばいいだけですからね。

資金100万で毎月10万得れたら30年で3,600万、

毎月5万でも1,800万、

毎月2.5万でも900万、

って考えると、投資信託より株で銘柄の選び方を覚えた方がいいんじゃないかと思いますよね。

投資信託解約をおすすめする理由

ここまで投資信託に関する事を色々と書いてきましたが、結局のところ投資信託を買うぐらいなら株をやった方がマシって話です。

簡単にまとめると

・運用のプロに任せれると思ってたいたらプロと言えないサラリーマンが運用しているだけだったりする。

投資信託なら少額から投資可能!とか言うけど、株でも数千円から買えるボロ株低位株や100円単位から買えるプチ株などがある。

初心者投資信託から始めるべきとか言うけど、初心者はまず株がどういうものかを知るべきでしょ。

って感じですかね。

株式投資で分散投資をしようとすると、対象にする銘柄を絞り込むのに膨大な時間が掛かりますとか言う人もいるかもですが、短い時間で投資信託を選んだ⇒損失が出た⇒手数料まで取られる⇒莫大な時間を無駄にした!もっと時間を掛けてちゃんと選んでおくべきだった!ってなるより、納得出来る銘柄を選んで投資出来る株式投資の方が遥かに良いと私は思いますね。

ちなみに私は投資信託や株に関してネットで色々と調べたり本を読んだりブログ村の株ブログで色んな人のブログを見たりして勉強したんですが、株に関しては、

googleで色々と調べる

株情報を配信している投資顧問というのがあるのを知る

投資顧問について調べる

投資顧問クチコミサイトを見つける

クチコミ評価が一番いいところの配信情報を見てみる

推奨されている銘柄が結構高い確率で上げてる

この株を取引すればいいじゃんって

って感じですね。

そんな簡単なの?投資顧問って情報料とかかかるんでしょ?って人もいるかもですが、毎日無料情報を配信しているところもあるので、無料情報から見てみて良さそうなら後は推奨銘柄に乗っかるだけって感じです。

推奨銘柄を見てるだけで勉強にもなるし、株の知識も身に付くので、慣れてきたら自分でトレードしてみるのもいいと思います。

まぁ私が言う事を信じるか信じないかは記事を読んだ人次第かと思いますが、正直本当に投資信託より株を自分でやる方が断然いいので、証券マンの営業トークに騙されないように注意しましょう。

こんな記事書いて証券マンに怒られないか少し心配ですが、とりあえず投資でお金を増やしていきたい!と思われるなら、評価が高い投資顧問に選ばれている株マイスタートレーダーズ・ブレイン・マーケットなど、クチコミサイト評価を見て、みんなが利用している投資顧問が配信している情報をまずチェックしてみる事から始めるのをオススメします。

 ページトップへ